FC2ブログ

隣接性癖とミックスファイト

1 CFNMとミックスファイト
 
CFNMとは英語の「クローズド・フィーメイル・ネイキッド・メイル (Clothed Female(s), Naked Male(s))」の略である。直訳すれば「着衣女性と裸の男性」といことになる。着衣の女性が裸の男性を性的に凌辱するという女性側の性的嗜好である。CFNMについて我が国では「CFNM万歳!」が男性をも巻き込みつつ戦略的に発信を行っている。
この性的嗜好は「女性上位のセックスの登場」の流れの中で広がっていった。管理人は、当初CFNMのポイントは女性の安全が確保された上で男性を凌辱することに専念できるシチュエーションであると考えていた。しかしながらこの見解は実は違うのではないかと最近考えている。
この性的嗜好のポイントは、男性が屈辱的な立場におかれながら、なおかつ「女性を裸にすることもできず」性的に凌辱される哀れな姿に快感を覚えるのではないか。そうした点でこの性的嗜好はM的嗜好を持つ男性とシチュエーションを共有できるとの考え(期待)もある。女性の性的嗜好の中に登場する「射精管理」と共通するものを感じる。(男性的には何か違和感をぬぐえないのだが)
CFNMは男性と女性の関係性が最初からはっきりしている点でミックスファイトとは異なりSMプレイに近い。しかしながら「裸にされていたぶられる」というシチュエーション自体は大いに屈辱的(被虐的)であり、SM同様ミックスファイトで決着が着いた後のシチュエーションとしては刺激的である。

2 逆リョナとミックスファイト
 
 逆リョナは男性が女性に一方的に暴力を振るうリョナに対し、女性が一方的に男性に暴力する女性側の性的嗜好である。リョナが痛めつけられた女性の反応や姿に興奮を覚えるのと同様、逆リョナは痛めつけられた男性の反応や姿に興奮するものである。逆リョナについて我が国では「Black Oyxs」よる発信が注目される。
ミックスファイトにおいて逆リョナは一つの局面として必須である。男性を痛めつけることに快感を覚える女性はミックスファイト・ファンタジーを好む男性にとってまさに理想の女性(女神)と言える。
しかしながら、ミックスファイトで重視する最初の対等性や男性側の快感は逆リョナでは考慮されない。逆リョナでは実際の相手を傷つけ、痛みを感じさせることがポイントであることに対し、ミックスファイトでは男性が女性に敗れるというシチュエーションがポイントである。両者のポイントはずれている。「Black Oyxs」の小説群は管理人も楽しませてもらっている。ただ、ミックスファイト・ファンタジーの立場からすると、当初の男女の立場や戦いの中での相互攻撃の場面がもっとほしいとも考えてしまう。

3 バトルファックとミックスファイト

 「バトルファック」という性的嗜好がある。これは男性と女性が戦い、勝った方が相手を性的に支配するというものである。いわば〈強姦〉であるが、お互いの対等性が強調されるとともに、男性が女性に犯される趣向がメインとなっている。これはミックスファイト・ファンタジーの定義において必要不可欠な条件とした「女性に敗北する」と、必要ではないがファンタジーをより豊かにする要素である「敗北の後性的に弄ばれる」を一体化させたものである。この点でバトルファックはミックスファイト・ファンタジーの強い関連性が認められるが、バトルファックの作品を見ていると「性的に弄ぶ」というよりほとんどセックスになっている印象がある。男性側の性的嗜好が前面に出ているのが特徴といえるのではないか。

4 キャットファイト(女闘美)とミックスファイト

対戦というと、女同士の戦い、キャットファイトがある。構図としてはミックスファイトに近いように見えるが、この場合、女性のあられもない肢体を楽しみというフェティッシュな嗜好があり、マゾヒズムとは全く異なるものである。「女闘美」については奇譚クラブ等の時代からしばしば登場する。その魅力についてはより深い考察が必要であろう。江戸時代、見世物として、しばしば盲人と女性の相撲が行われたという。

5 BLとミックスファイトの意外な共通項

 BLは男性同士の性的関係に興奮を覚える女性側の嗜好である。90年代にはじまるBLブームについてはいくつかの解釈があるが、いずれにしてもその背景には「女性上位のセックス」という時代の流れがある。社会学者の金田淳子氏はその魅力を「男の人のエロく乱れる姿が見たい。」(男はかっこいい男に限らない)と述べている。さらにその前提として一定の関係性(カップリング、『関係性萌え』)が必要であるという。
それではなぜ異性間ではだめなのか。BLファンには女性のかかわりを敬遠する心理が働くという。具体的には社会的な慣習の中で女性が性に積極的であると見做されたくないとの意識が働くためとの解釈がある。反対に社会的慣習にとらわれない女性は、レディコミの中で堂々と異性を凌辱する女性に感情移入することになる。
 BLで注目されるのは、関係の対等性とストーリー性、関係の「逆転」「意外性」を楽しむ視点である。BLのカップルの関係性が常に流動的である。いずれの点もミックスファイト・ファンタジーと驚くほど共通している。
 最近は一周回ってBLの関係性が男女にも持ち込まれるようになった。「友達以上恋人未満」ではなく「ライバル以上敵未満」と言った関係であるという。(なんだかミックスファイトに近づいてきた。(2014/1/19 2016/1/27 TBSラジオ『宇多丸のウィークエンド・シャッフル』-ゲスト金田淳子、お菓子研究家の福田里香 テーマは「ボーイズラブとは何か?」)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:tsubasa
『女神の愛』2017・春、最新刊(三和出版)に記事、イラスト掲載
立ちはだかる



検索フォーム

ブロとも申請フォーム