FC2ブログ

本サイトの目的について

 女の子に負けてドキドキした経験はありませんか
 
 子どものころ、女の子にスポーツや喧嘩で負けて悔しくて、でもなぜかドキドキした経験はありませんか。スーパーヒーローがヒロインにあっけなく敗北してしまうシーンになぜかゾクッときたことはありませんか。この「女性に敗北する快感」は多くの男性に見られる性癖で、管理人は勝手に「ミックスファイト・ファンタジー(Mixedfight Fantacy)」と名付けています。これが昂じると大人になって関連する漫画やビデオを集めたり、SMクラブのM格闘プレイにハマったり…という風になってきます。

 ミックスファイト・ファンタジーをもっと楽しむために
 
 インターネットの普及の中で、誰もがプライベートな事象を発信することが可能となりました。ニッチな性癖が共有され、コミュニケーションを通じて深化され、マーケットが成立し、多くの作品が供給されるようになってきました。作品形態も小説はもとより、漫画、AV、ボイスドラマ、ゲームなどマルチメディア化しています。またSMクラブを中心にミックスファイト・ファンタジーをリアルに実現できる性風俗産業も盛んです。一昔前では考えられないような幸福な時代を迎えています。
 これからの課題はひとえに作品の質の向上かと思います。そのためには、この性癖の本質をもう一度深く追求することが今、不可欠であると感じています。

 率直な御意見・ご感想を

 このサイトでは管理人の体験・調査(特に女性へのインタビュー、アンケート)を中心に国内外から関係する文献(作品・評論等)やネット記事をできるだけ多く渉猟し、ミックスファイト・ファンタジーについて分析しています。あくまで拙い分析です。より多くの方に様々な御意見・御批判をお寄せいただければ幸いです。

 最終目標は論文作成?

 ブログは本来日々の雑感を随時重ねていくものですが、このブログは異なります。時系列はあまり関係なく、過去の内容にも随時修正を加えています。追加したり、分割したりもしています。最終的にブログ全体が論文のような一貫性のある体裁にまとめていければよいと考えています。読者の方は興味を惹かれるテーマについて、過去の内容にも遡って随時見直していただければ有難いです。

 サイトのテーマは大きく4つ

 サイトの大きなテーマは、以下の4つです。

➀ミックスファイトとは何か
②ミックスファイト・プレイを楽しむために
➂良質なミックスファイト作品の創作に向けて
④作品批評
⑤その他・資料編

 ②,③、特に②については相手の女性とミックスファイト・ファンタジーを共有できるかを主なテーマとしています。

 最後に、サイトを通じ、より多くのミックスファイト関連作品が制作され、関連産業が盛り上がればこれに勝る幸せはありません。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

海外雑誌に登場した「ミックスレスリングの魅力」(増補版)

 今回は、ロンドンにあるミックスファイト風俗店The Submission Roomに関するネット上の2つの取材記事から、その概要を紹介する。

 一つは情報誌「BROADLY」の昨年5月付の取材記事。著者はGareth May。セックスとフードを専門とするフリージャーナリストとのこと。タイトルは「The Women Who Get Paid to Beat Up Men and Choke Them Senseless」、意訳すると「男をやっつけ失神するまで締め上げてお金を稼ぐ女」と言ったところか。もう一つは「Mail Online」今年1月6日の取材記事。 著者はUnity Blott。

 「BROADLY」では冒頭、セッションレスリングについて「「本格的」な格闘とSMを結合させたもので、今急速に成長しているフェチ。「BDSM wrestling」としても知られている。 とてもニッチなフェチで、 イギリスが世界で最も進んでいる」と紹介している。「Mail Online」でもビジネスとして注目される分野と評価している。

 さて、「The Submission Room」であるが、2011年、ロンドン北部のSeven Sistersにオープン。外見は目立たないジム。客のリクエストに応じてSMスタイルのセッションレスリングを提供している。ただしセックスは抜きである。

 登録されている女性レスラーは23人。本来の肩書はSMの女王様、トレーナー、AVモデルなど様々である。レスラーは口コミで集めている。セッションレスリングのお値段は1時間で150ポンド。約2万円。ほぼ日本と同じ相場である。大多数のリクエストはsemi-competitiveだが、fantasy session希望も何人かいる。タイツ姿などコスチュームのリクエストにも応じている。1週間の平均の客数は15~20人。年に3度、イベントショーがあり、こちらは入場料50ポンド。参加者はだいたい20人から30人。リング上でキャットファイトが繰り広げられる一方、別室では女性レスラー相手にプライベートのセッションレスリングを楽しむことができる。こちらは5分で10ポンド、10分で20ポンド。

 さて、女性レスラーたちの経歴やコメントは以下のとおりである。

Pippa The Ripper

 Submission Room'sのマネージャー。レスラーでもある。31歳。この世界に入ったきっかけは、10年前に求人公告に目を止めてから。セッションレスリングの魅力については「ほんとうに楽しいし、フィットネス効果も。おかげで逞しくなった。そして男性にとっては自分の性癖を満たすもの。逞しい男性とリングで対戦することはとてもエキサイティング。」「結局レスリングは遊びの闘い。だれもが子供の頃やっていたこと。自分の力と技を使ってレスリングで男をいじめるのが好き。」

Kelli Provocateur

 AV女優, モデル, プロのボディビルダー、プロの女王様の肩書を持つ。この世界に入ったきっかけはM男からの紹介。彼女のコメントは以下のとおり。「パワフルな女性に負かされたいという欲求はかなり多い性癖」「男たちはピンフォールされた時、私の筋肉の動きを感じたがる。彼らは「あなたに叩きのめされたい」と言っている。」

Pussy Willow

 Submission Room'sを代表するレスラー。30歳。学生時代お金に困ってこの世界に入った。子供の頃兄弟の友人とレスリングをしていたこともこの世界に興味を持つきっかけになっている。「レスリングに出会った時、転職だと思った。強くなることが好き。」
現在はプロの女王様でもある。「私たちのしていることは人の役に立っている。なぜなら私たちは男性を私たちの世界に引っ張り込み、評価も批判もせずに受け入れ、彼らを幸福に導いている」このように彼女はねじ伏せられる男とねじ伏せる女の両方の性癖について深い理解がある。
 セッションレスリングの魅力については「遊びのようなもの。甘くて親密、でもちょっと性的」「私は12歳になってもレスリングをしていたので変人と呼ばれていた。人は10歳になった瞬間に大人にならなければいけない。大人になることは遊ばないこと。その点レスリングは本当に良いストレス解消。安全を保障された中での遊びの時間」

'Amethyst Hammerfist'

元ストリッパー。セッションレスリングの魅力は「とても官能的。私は男性を直視しながら、失神させるのが好き。去年と今年これまでにわずかだが男性を失神させた。とても刺激的だった。 男性を床に倒すのも好き。」

常連客のコメント
客A(彼はTV show Dynasty を見てミックスファイトに目覚めた)
「美しい女性レスラーに打ち負かさて、支配されることはとても楽しい。」「私はいつも勝とうとする。降参した時はがっかりするけど、私はめげない。私が敗北する時も含めてマットの上には甘くて, 爽快な感覚がある。それはとても価値がある。」

客B
「私はセックスには金を払わない。セックスは簡単だから。女性に押さえつけられたり傷つけられたりするのは楽しい 。」

最後に性の問題に詳しいSunny Megatronのコメント。
「セッションレスリングの魅力は人によって違うけど、共通項として、緊張感のある肉体的感覚やアドレナリンの噴出、そして痛みを楽しむことがある。「セッションレスリング はレスリング、セックス、SMの要素を兼ね備えたもの(その組み合わせはマニアが選んだもの)」「高校時代を思い出して。遊んでいるうちに自然に居間のフロアでのレスリングに発展することがあったでしょ。それはシリアスな面と子供っぽい遊びの面がある。そしてエロチックなセックスの部分も。倒錯したグラップリングと似ている」

 最後に「BROADLY」の著者は、セッションレスリングについて「少年時代への逃避、子ども時代に戻った熱中。だれもがそれをしたいんじゃないか。」と結ぶ。

女性の告白録

 かつてSM雑誌に、素人女性の奴隷募集というコーナーがあった。女性が自らの特殊な性癖を包み隠さず書いている点が面白かった。登場する女性は体臭マニア、嚙みつきマニア、通電マニア、野外プレイマニアなどなど、いずれもユニークなものばかり。こうした記事はたいてい男性ライターの創作だろうと思いつつ、写真はどうせ偽物だろうと思いつつ、しかしながらあまりに描写がユニークすぎて、実は本物では…と考えてしまう。判断は読者にお任せするとして、ミックスファイト絡みの記事のポイントをQAの形に組み替えて紹介する。特に3番目の女性。本当にこんな女性いるのかなあ。いたら最高だけど。

○踏みつけマニア

Q 理想的な相手は
A 昼間はバリバリ働いて、部下を叱りつけたりするような男
Q 踏みつけの魅力は
A 物理的にもそうだけど、精神的にも完全なる屈服の象徴だと思ってるの よ。だって、日常的に暮らしていたら、たとえどんなにミスをして怒られたりしたって、踏みつけられることはないでしょう。
踏みつけというのは凄く冷酷な意思の表れ、殴る時の熱狂とは違い、とても冷たい行動なの。わたしはそれをたまたま快感に変えられるっていうだけの話

○顔面騎乗マニア

Q 好きなプレイは
A お尻から逃げるM男性をまたおしりで塞いじゃう。その繰り返しって、私萌えちゃいます。
Q プレイの魅力は
A M男が私のお尻の体温とやわらかさに包まれて至福の時を感じてくれる時のかわいらしさが、私のお尻の触れている部分から伝わってくるのがわかるときに欲情してしまいます。私のお尻で包まれる幸せをM男が感じてくれることがS女性である私にはとても幸せなのです。

○殴打プレイマニア

Q 好きなプレイは
A (ボクシングで男の子をやっつけること)
Q 理由は
A (かわいい男の子の泣き顔が見たいから。子供のころ男の子と喧嘩して泣かせちゃったときのぞくぞくする快感が癖になって)。
私はあえて男性を殴ることが好きな訳ではないんです。S女性とM男性がお互いに真剣に向き合って試合をし、私の拳がきっかけで、少年に戻った大人の男性にボロボロ泣いてほしいんです。そして私が泣かせてしまった男性を殴った本人の私がやさしく慰めてあげたいんです。
自分が泣かせた男の子を慰めてあげたいからって擬似スパーリングで男の子を負かして泣かせたいって私って、なんか矛盾してますよ私は「男は強く荒れ」という間違った社会の考え方によって無理やり強制されて育てられた「男性たち」をその誤った呪縛から解放してあげたいのです。

ミックスファイトに適したコスチューム

今回はコスチューム論である。SMクラブでは女性のコスチュームが選択できるようなシステムになっている。格闘プレイではどんなものが使われるのだろうか。リストの写真にはボクサーパンツや道着などあきらかにその手のものと思われるものもある。

 「SqueezeQueens.com - Mixed Wrestling & Female Fighting Forums」のスレッド、「wrestling Attire」に寄せられた投稿を手がかりにミックスファイトに相応しい女性のコスチューウについて考える。

 まずミックスファイトの定義に照らしてコスチュームについて必要な条件を整理すると、「女性らしい」「戦いに相応しい」「フェチ心を満たす(肌と肌が触れ合う)」といったところになる。一方で、ストーリープレイの場合はそれにちなんだコスチュームが最適となる(スーツや制服など)。

 さて、具体的なコスチュームであるが、もろに戦いの雰囲気を重視する場合、近年ファッション性を高めた「MMAwear」を推す声がある。一方で、「道着」自体を支持する意見は皆無だが、エロチックさと結び付いて「生足に道着の上着」といった意見が見られる。

 しかし、「女性らしさ」「フェチ心を満たす」という点からファッショナブルで露出度が高く、女性らしい体の線が強調されるコスチュームを推す意見が圧倒的である。具体的には、以下のような投稿が寄せられている。

「例えばリバースヘッドシザースの場合、お尻が脈打つのがはっきり見えない服はだめ」
「私が締め付けや圧迫をされている時、私は布越しに女性の筋肉の小さな動きを見たいし感じたいし、彼女自身が恥丘が私の唇と摩擦したり、私のひじの骨が彼女の性器で脱臼させられるのを感じてほしい。」
さらには女性の汗や唾や精液をやり取りできる材質を望む意見もある。

 その結果、人気のあるコスチュームは以下のとおり

ぴったりしたシャツ・パンツ、スポーツブラ、ハイカットレオタード、Gストリングス、ミニスカート、パンティストッキング、スパンディックス、spandex/lycra、ビキニ、キャットスーツ、レギンス、ひも状の下着、ストッキングやハイソックス

 戦うことを考えると高価なものよりカジュアルなもののほうがリアルである。

 「ビキニはワンピースの水着より良い。下着のパンツはビキニより良い。SM タイプのレザーはだめ」といったこだわりの意見もある。

 なお、「フーターズ」を推す意見もある。「フーターズ」とはアメリカンチックなダイニングレストランのことで、「フーターズガール」と呼ばれるタンクトップにオレンジ色のホットパンツを履いたセクシーなユニフォーム(写真)をまとったスタッフがフードを運んだり、セクシーなダンスなどのパフォーマンスを披露してくれるそうだ。個のユニフォームが相応しいとの意見である。

c2

 そのほか、ストッキングをはいた NFL チアリーダーのユニフォームを推す声もある。daisy duke jean-shorts (写真)と運動靴の組み合わせについても人気が高い。「ランニングシューズにDaisy dukes,短パンを身につけた生足の女性に締め付けられるのが好き。また、脚にぴったりフィットしたジーンズやナイロンのニーハイを身につけた足の長い女性に締め付けられるのも好き。 」と言った意見も見られる。

コスチューム1

 なおジーンズは賛否両論であるが、以下のような点から支持する意見もある。「ジーンズが体にフィットしてお尻がきれいな時は良い。特にミックスファイトの時は、彼女を無情で残忍に見せる。彼女がちょっと血の付いたジーンズで、彼女がやっつけた相手を見下ろすシーンは怖い。」ルツィア選手のミックスファイト動画では彼女が長い足にフィットしたジーンズをはいたものがあるがありとても魅力的である。

 また、足元へのこだわりも強く、「ハイヒール、バレーシューズ、裸足、レザーブーツは好きだがレスリングブーツやスニーカーは嫌い」と言った意見があった。生足を支持する声が最も強いが、スニーカーについては、活動性から支持する声もある。

 服の着脱それ自体へのエロチックさへのこだわりもある。
「戦いの前に服を脱ぐのが好き。」「男を待たせておいてヒールを脱ぎ、髪を結わえる。」「アジアの女の子が彼女の道着を脱ぎ, 黒のレオタード姿になる。」と言った意見も寄せられている。

「柔道女」はファタル・フィメイルか?

管理人は「柔道女」はミックスファイト・ファンタジーのファタル・フィメイル(運命の女)と考えている。しかしながら「柔道女」は明らかにMの部分を持っている。ミックスファイトの場合、Mの相手は必ずしもSではないのか。このテーマについては、変態世界様からもコメントをいただいている。非常に的確な指摘なので以下引用させていただく。

柔道女さんのサイトは読んだ記憶がありますが、とても興味深いですね。
管理人様は彼女がMではないかとご指摘されてますが、SとMの両方があるように思います。
特に、きっかけになったのが自らが恥ずかしい負け方をしたことが大きいように思うので、「あの時自分がされた屈辱と同じ思いを味あわせている」という興奮の仕方なのではないかと思いました。
ということは、相手を倒したり失神させる度に「自分がかつてそうされたこと」が無意識に呼び起こされて、相手の事を当時の自分だと思って、欲望のまま締め落としているような感じがしました。
締めているのがSの部分の彼女、締められている相手に映した彼女のMの部分といって感じで。
相手が女性でも興奮できるという点で、自分を投影しやすいからではないかと感じました。
男相手だとそれプラス逆転の倒錯感でより興奮できるということでしょうか。
美人だとより燃えると言ってるように、対象として相手を見ている部分もあるのでバランスだと思いますが。

実は「柔道女」に関連してサディストの女性に以下のインタビューを試みた。

Q 男の屈辱感に共感して興奮することがあるか
A ない。共感するのはMだと思う。Sは相手に感情移入をしない。女王様をしていた時、M男の気持ちは最後の部分でよくつかめなかった。M男の気持ちに寄り添える(かゆいところまで手が届く)のは、実際のところM女でなければ、と思う。

Q 負けず嫌い、というのはS女の条件ではないか。
A 負けず嫌いはM女の特性だと思う。そもそも負けず嫌いになる時点で既存の秩序に併せようとすることだから。S女は人の土俵に乗らない(自分の価値観に忠実)。

2番目のやり取りはちょっと首をかしげる部分もあるが、いずれも興味深い回答だった。ついでに紹介すると、その女性によれば「そもそも女王様はM女が多い。」とのこと。

 ミックスファイト・ファンタジーの中で管理人がひそかに興奮するのは「M女に敗北する」というファンタジーである。普段虐げられているM女に「さえ」負ける。という場合の屈辱感は一入であろう。しかしながら基本的にM女は格闘プレイを受け入れないが。(格闘技を嗜むM女も実際にはいる。格闘プレイでいじめられたいという、かなりハードな部類。)

以前イメクラのM女に格闘プレイを一通り教えて、ミックスファイトをしたことがあるが、ひどく興奮していたのが印象的。もっともその女性は自分の彼氏がMだったという話だったが。

このテーマについては今後も掘り下げていきたい。

プロフィール

Author:tsubasa
『女神の愛』2017・春、最新刊(三和出版)に記事、イラスト掲載
立ちはだかる



検索フォーム

ブロとも申請フォーム